全国公立高校入試
 1番問題 【平成29年春】
(36)香川県  学習日    月    日(   )
~ 印刷して、紙の上でやってネ! (文字サイズを小にするとA4に収まります)~
5+6÷(-2)




 (x-2)2-3(x-2)+2 を因数分解せよ。




 
 8×  5 -32
 2



   
 ~ 2番問題(おまけ) ~

 右の図のような円があり,異なる3点A,B,Cは円周上の点である。線分AC上に,2点A,Cと異なる点Dをとる。また,2点B,Dを通る直線と円との交点をEとする。
 ∠ABE=35°,∠CDE=80°であるとき,∠BECの大きさは何度か。





     
 xy 3xy
 2 4





       
 (√5-√2)2



 
 右の図のような三角柱があり,AB=4cm,BC=2cm,CF=5cm,∠DEF=90°である。また,辺AB,DFの中点をそれぞれP,Qとし,点Pと点Qを結ぶ。

(1) 次のア~エのうち,面BCFEと平行な辺はどれか。正しいものを1つ選んで,その記号を書け。

 ア 辺AB イ 辺AD ウ 辺DE エ 辺DF

(2) 線分PQの長さは何cmか。



(3) 右の図のような長方形ABCDがあり,AB=11cm,BC=8cmである。点Eは辺CD上の点で,CE=6cmである。
 ∠ABEの二等分線をひき,辺ADとの交点をFとするとき,線分DFの長さは何cmか。


  
 等式 3a+5b=1 をbについて解け。






    
 yxに比例し,x=4のときy=-6である。x=-2のときのyの値を求めよ。






  
トップに戻る] [前ページに戻る] [次ペ-ジに進む] [答のペ-ジに進む やさしい ややむずかしい