2年数学
 確 率
(4) 確率の求め方2 学習日    月   日(  )
 色玉を同時に取り出す場合,
   1つずつ別のものとして考える。
R1とかR2で → 記号をつけて,同色を区別
     
       たとえば
・ 青はB
・ 赤はR1とR2
・ 白はW1とW2とW3
〜 印刷して、紙の上でやってネ! (文字サイズを小にするとA4に収まります)〜
 上の図のように袋の中に,青玉が1個(B),赤玉が2個(R1,R2),白玉が3個(W1,W2,W3)入っています。 
同時に2個を取り出すとき,各問いに答えなさい。
 上の図の袋から同時に2個の色玉を取り出すとき,次の確率を求めなさい。

(問題1番より,取り出し方は全部で15通り) 
青玉と赤玉の取り出し方を記号で表すと,(B,R1)…
残りの1通りの取り出し方を,記号で表しなさい。

  
2個とも赤玉が出る




 
青玉と白玉の取り出し方を記号で表すと,(B,W1)(B,W2)…
残りの1通りの取り出し方を,記号で表しなさい。

 
2個とも白玉が出る




 
赤玉と白玉の取り出し方を記号で表すと,(R1,W1)(R1,W2)(R1,W3)(R2,W1)…
残りの2通りの取り出し方を,記号で表しなさい。


 
青玉と赤玉が出る






 
白玉2個取り出し方を記号で表すと,(W1,W2)…
残りの2通りの取り出し方を,記号で表しなさい。


 
青玉と白玉が出る





 
2個の玉の取り出し方は,ア〜エの14通り以外に,あと1通りあります。この取り出し方を記号で表しなさい。


  
赤玉と白玉が出る




 

トップに戻る] [前ページに戻る] [次ペ−ジに進む] [答のペ−ジに進む