1. Topへ
  2. 給食袋
  3. 給食袋h 作り方

給食袋h 作り方(小サイズ・切替なし)袋口フリル

給食袋
はぎれ生地を使って作りました。
給食袋 給食袋

吊るしたときに全体の長さが約32cmになります。
このタイプのきんちゃく袋は、袋口が開けやすいので小さい子にもオススメです。



●材料&製図

普通布2枚(本体)・・・・・・たて 29.5㎝ × よこ 20㎝
ひも(中幅)・・・・・・45㎝ × 2本



つるしたときに全体で32cm程度になるように作りました。
普通布1枚で作るときは、たて 57㎝ × よこ 20㎝の布を用意します。

●作り方の手順

❶ 最初に、生地の端処理をします。生地のまわりにジグザグ縫い、またはロックミシンをかけます。

❷ 本体2枚を中表にして縫い合わせます。(縫い代1㎝) 縫い代は開いてアイロンをかけます。

❸ 本体を中表にして半分に折り、図のように、わきを2cmづつ空けて両端を縫い合わせます。(縫い代1㎝)
上から1cmのところと、6cmのところにアイロンで折りすじをつけておきます。

❹ 縫い代を割って、しっかりアイロンをかけます。3でつけた折りすじに沿って袋口を三つ折りにし、再度、アイロンをかけます。


❺ 袋口をぐるりと、図のように2本、ステッチします。ひもの通し口のところは返し縫いをし、丈夫にします。
❻ おもてにひっくり返しアイロンをかけ、丸ひもをひも通し口に通します。「ひも通し」が無い場合は、クリップで代用できます。
給食袋

copyright(c)2013 frontriver All Rights Reserved.