1. Topへ
  2. レッスンバッグ
  3. レッスンバッグe 作り方(切替あり●裏地あり手提げ袋)

レッスンバッグe 作り方(切替あり裏地あり)

レッスンバッグ

●完成図

上下切り替えありのレッスンバッグです。裏地つきです。


~25ミリ巾Dカン&25ミリ巾平テープです~
レッスンバッグ レッスンバッグ
こちらの恐竜柄のレッスンバッグは
表地はキャンバス生地、裏地はマリン柄コットン生地で作りました。

●材料&製図

オックス生地(表地・本体)2枚・・・・・・たて 23.5㎝ × よこ 42㎝
帆布(表地・切替)1枚・・・・・・ たて 22㎝ × よこ 42㎝
帆布(裏地)1枚・・・・・・たて 65㎝ × よこ 42㎝     25ミリ巾平テープ・・・・40㎝ を 2本

他に、縫い糸・縫い針・まち針・はさみ・チャコペン、ミシン・アイロンがあれば便利です。
持ち手のかばんテープを手作りされるなら、こちらこちらをご覧ください。
レッスンバッグと靴袋の柄を合わせて作る場合の裁ち方を掲載しています。レッスンバッグe &くつ袋e 生地の裁ち方はこちらです。



●作り方の手順

❶ 最初に本体布と切替布をつなぎ合わせます。表地の本体と切替布を中表にして縫い合わせます。(縫い代1cm)。
縫い代は切替布側に倒して、しっかりアイロンをかけ、0.5cm巾でステッチをかけます。
❷ 表地のオモテ側に持ち手を2.5cmの縫い代内で仮止めします。


❸ 表地と裏地を中表に合わせて、まち針でとめた後、カバンの口の部分を縫います。片方だけ持ち手の間を9cmくらい縫い残してください。(返し口になります)
❹ 縫い代を開いてアイロンをかけます。表地と裏地の布を一度開いて図のようにたたみ、まち針でとめた後、かばんの両脇を1㎝の縫い代で縫います。


❺ 脇に縫い残した返し口より表に返し、しっかりアイロンをかけます。

❻ 裏地を表地の内側に入れた後、アイロンをかけます。かばんの口にぐるっと0.2㎝のラインと2㎝のラインにステッチをかけます。縫い終わりは少し縫い重ねておきます。 ※持ち手のかばんテープを手作りされるなら、こちらこちらをご覧ください。
レッスンバッグ

copyright(c)2012-2015 frontriver All Rights Reserved.