他の年、月の探索·撮影記へ     TOPへ


← 8月    探索·撮影記 2019年9月    10月 →

2019年 9月

9月30日
クロツバメシジミ
 所用の帰りによってきた。先回より10日経っているので新鮮なのがいっぱいかと思いきや、そうではなかった。もう少し後になるのだろうか。しかしながら、少し離れた場所では、過去、居そうで居なかったが、今日は4、5匹いた。

クロツバメシジミ
 
クロツバメシジミ
 
クロツバメシジミ
 
クロツバメシジミ
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
兵庫県にて

9月24日
シルビアシジミ 他
 シルビアシジミ、新鮮なのが出てると知り出かけた。羽化直のような「ピカピカ」な個体には会えなかったが、明らかに前回(9/8)に比べ数は多く、気温もそう高くないせいか、とまりやすく、開翅もよくしてくれた。3か所まわったが、個体の状態は場所ごとに差があった。割ときれいなものが多い場所、欠けのあるものが混じる場所まで。
 彼岸花も咲き、ようやく秋も本格的に。でも涼しさはまだ。これから。

シルビアシジミ ♂
 
シルビアシジミ ♂
 
シルビアシジミ ♂
 
シルビアシジミ ♀
 
ウラナミシジミ
 
アゲハ 彼岸花に
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
兵庫県にて

9月20日
初秋に見るチョウ達
 所用で出かけるついでの午前中。午後から曇ったのでちょうどよかったか。しかしながら、チョウは少ない。黄色いチョウは皆キタキチョウ。

キタキチョウ
 
ヤマトシジミ
 
クロツバメシジミ
 
ツマグロヒョウモン
 
オオチャバネセセリ
 
ダイミョウセセリ
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
兵庫県にて

9月15日
ツシマウラボシシジミ
 9/13から9/16まで、大阪府営 箕面公園昆虫館でツシマウラボシシジミが見られるという情報をいただき行ってきた。想像を超える小ささであったが、たくさん放蝶されていた。オスは、開翅すると青紫色になるはずだが、飛翔画像でないとなかなかそうはならなかったし、とまって大きく開翅する個体は見られなかった。せいぜいV字開翅まで。フィールドでは見られないようで、貴重なものを見て撮影することができた。

ツシマウラボシシジミ
 
ツシマウラボシシジミ
 
ツシマウラボシシジミ
 
ツシマウラボシシジミ
 
ツシマウラボシシジミ
 
ツシマウラボシシジミ
 
オオゴマダラ
 
シロオビアゲハ
 
ツマムラサキマダラ メス(上左)、オオゴマダラ(上右)、ツマムラサキマダラ オス(下)
 
カバタテハ
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
箕面昆虫館にて

9月9日
キタキチョウ
 石川県へ墓参り。青春18きっぷ最終回。駅前でレンタサイクル借りて移動。墓場のすぐそばに北陸新幹線敦賀までの高架工事。このため我が○○家の墓は移動させられた。高架もだいぶできてきたがまだとぎれとぎれ。2022年度開業に間に合うんだろうか。
 墓参り後、山際へ。チョウは少ない。黄色いチョウの集団に出会う。みなキタキチョウ。いたらいいなと思ってたチョウには遅すぎたか、その場所ではなかったのか見かけなかった。

北陸新幹線高架工事
 
キタキチョウ 吸水集団
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
石川県にて

9月8日
シルビアシジミ
 先回、安直な場所で爆音とともに撮影したが、今回はミヤコグサ、あるいはセイヨウミヤコグサのあるところに行った。非常に暑い中、飛んでばかりで、やっととまったと撮影しても新鮮な個体は見つからない。あと2、3週間したらまた来て、新鮮なシルビアシジミを撮影してみたい。 残念ながら、そのころは青春18きっぷの期間はとっくに終わっているが・・・。

シルビアシジミ
 
シルビアシジミ ♂ 開翅してもきれいなブルーは拝めない
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
兵庫県にて

9月5、6日
今年最後の長野県
 先回、目的のチョウ「ベニヒカゲ」に十分会えたので、昨年はじめて撮影できたが1個体のみという、先回までの「期待のチョウ」を求めて一泊二日で出かけた。
 数日前までは1日目も2日目もいい天気予報で、1日目に本命を撮影し、2日目には場所を変え、余裕で別種などをなどと考えていたが、予報が変わり、行きの電車の中で、どうするか、迷いに迷い、結局、2日目に予定した場所の方が天気よさそうなので、行先を入れ替えることに。しかしながら変更しても、午後は小雨。さらに成果もなし。
 2日目、山麓はいい天気だったが、目的地まで上がると、しょっちゅう日差しがとぎれるし、腰痛もいつもよりひどく、あちこち回れず、結局「期待のチョウ」にはかすりもしなかった。かわりにクジャクチョウは昨年同様わんさかいた。ここのクジャクチョウも黒っぽい(暗い赤)の個体が多く、2化目はそうなるのだろうか。
 「期待のチョウ」はもともとそんな簡単に、しかもたくさん居るのに会えるものではないのはわかっていたつもりだが、残念ではあった。来年がんばるしかない。当然プラスαも。

-- 9月6日

スジボソヤマキチョウ ♂
 
クジャクチョウ ここのクジャクチョウも黒っぽい(暗い赤)の個体が多かった
 
クジャクチョウ
 
クジャクチョウ
 

-- 9月5日

岳沢小屋 2回挑戦したがここまでたどりつけなかった
 
サカハチチョウ
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
長野県にて

9月4日
シルビアシジミ
 所用の途中で安直な場所へ。私が訪れるといつも数は少ないような。まったく居なかったことも。本日も朝からクソ暑かったせいか、日がかげるたびに1匹ずつ現れる程度。複数同時に見ることはなかったし、開翅は望むべくもなかった。

シルビアシジミ
 
シルビアシジミ
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
兵庫県にて

9月3日
ミヤマカラスアゲハ、イシガケチョウ
 数日前の予報だと曇りか雨だったような気がするが、結構晴れて蒸し暑い。いつものところへ。

ミヤマカラスアゲハ ♀ 3化目だろうが、すでに後翅傷んでいる 以下同一個体
 
ミヤマカラスアゲハ ♀
 
ミヤマカラスアゲハ ♀
 
イシガケチョウ ♂ クサギで吸蜜するのを見るのは初めて
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
長岡京市にて

← 8月    他の年、月の探索·撮影記へ         TOPへ      10月、11月、12月 →