他の年、月の探索·撮影記へ     TOPへ


探索·撮影記 2019年1月

2019年 1月

1月25日

京都府立植物園

 年間入場者数が日本一の植物園。地下鉄で行くなら、北山駅が便利。地上に出れば。正門ではないが、北山口が目の前。70歳以上は入場無料。私は年間パス(1000円;一回200円だから5回分)。ところどころにベンチがあり、腰痛もちの私には助かる。さらにトイレも多く安心できる。残念なのは、昨年の台風直撃でたくさんの木が倒されたり、途中で折れたりの被害が多かったことだ。カメラマンは、大砲をかついだ鳥屋さんが多い。チョウを撮る人は珍しい。

 チョウは普通種のみ。春はミヤマカラスアゲハがツツジに訪れる。越冬ヒオドシチョウがたくさん見られた年も。ゼフィルスはそのシーズンに他場所に行っているので確認できてない。夏場はミヤマカラスアゲハ夏型をはじめ、オナガアゲハを除く黒系アゲハが多く、数年前まで、ジンジャーにいっぱい来ていた。さらにクロセセリもそのジンジャーたくさん訪れていたが、数年前に消え、ジンジャーも場所替えされてしまった。

 シリブカガシ、マテバシイが多く、ムラサキツバメは多い。アラカシも多くムラサキシジミも多い。夏すぎにはアワブキにスミナガシ、アバセセリの幼虫が確認できるが、ただし蛹になるまでに鳥に食われるのか成虫発生はないようだ。母蝶はどこから?

 上記チョウなどの撮影に加え、食草の確認にも便利だ。

コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 

1月22日

南山城村

 京都府唯一の村であり、京都府最東端に位置する(最南端は1kmほどの差で木津川市)。滋賀県甲賀市、三重県伊賀市、奈良県奈良市の3県3市と接する。のどかな里には田畑、ハンノキ林、里山には茶畑、広葉樹の林が広がる。

 JR関西本線が通っているが、ほとんど1時間に1本。昼間はディーゼルカー1輌のレールバス状態。以前は年2、3回ぐらい、月ヶ瀬口駅を利用し、訪れていた。3年ほど前か、国道沿いに道の駅ができ、昨年は、そのそばにアメリカの有名ホテルチェーンが泊まるだけのホテルを建設するそうでTV中継もされていた。

 チョウは普通種のみ、ヒョウモン類、スミナガシ、ミドリシジミなど狙っていくが、なかなかいい画像がとれない。オオヒカゲは多いが、そこまで行かずとも会える。その昔はギフチョウも飛んでいたと聞く。あとハッチョウトンボが局所的にいる。


 ここ1、2年行ってないし、一部しか回ってない。広く回ってみれば、もともっと面白い事に出くわしそうである。道の駅にでもレンタサイクルを扱ってくれればいいのだが。

コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
 

1月18日

レンタサイクル
 結構使っている。今のところ、京都府3(3)か所、滋賀県3(1)か所、兵庫県4(1)か所、和歌山県1(1)か所 計11(6)か所 ()内は電動アシスト、内数。車のない私には、助かる。今までの最高乗車距離は往復で28km。高低差の最高は600m。

 使わないようにしたところもある。それは、バスでも近くに行けて、そこから数キロにわたってあるチョウが居る場所などは、乗りながら探すのは無理で、ゆっくり押しながら、あるいは"止めては探す"の繰り返しになり、自転車がかえってじゃまになってしまうからだ。

 心配なのはパンク。乗るのは里、里山、自転車屋などあろうはずもなく、押しながらトボトボ何キロも帰らないといけない。

 もちろん、地元や、近隣の所での活動にはマイ電動アシスト自転車を必ず使う。3年以上乗ったせいで、バッテリーのもちがだいぶ悪くなっている。タイヤもかなりすり減っている。

コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
 

1月15日

ウラゴマダラシジミ
 ウラゴマダラシジミに是非会いたいと思ってから実現するまで3年かかった。ウラクロシジミ同様、食樹のイボタノキ探しから始めた。冬場は卵を探し回ったりした。ただ冬場や花期をはずすと、イボタノキと判定するのは今でも私には難しい。わざわざ植物園まで見に行ったりもした。たいていの木に名札が付いているので助かる。

 並行して5、6月のシーズン中はネット情報をもとに出かけた。京都府内の亀岡市、広い範囲をレンタサイクルでまわりイボタノキをさがすもまったく会えず。
 滋賀県北西部、いたと思ったら、ルリシジミ。そのうちイボタノキが見つかるが会えず。

 2016年5月 亀岡市、ようやく蛹を5、6個、小木に見つける。こげ茶色のものが多く、これらは寄生されてると判断。残りに期待をかけ、後日訪れたら、みな寄生されていた。気落ちしながらも数百メートル離れた、道路沿いの杉林に生える1mぐらいのイボタノキ幼木に蛹1個を発見。いい色をしている。これは毎日でも来て観察せねばと、2日後の5月23日訪れると、黒ずんで羽化しそうな感じ、まぁ今日でなく、翌朝だろうと、いったん帰り、翌5月24日、期待を膨らませ朝一のバスに乗り、現地8時前に到着。ちょこんと白いチョウが止まってる。すぐそばには蛹抜け殻。ウラゴマダラシジミとの初めての出会いであった。どんなに近づいても逃げず、1時間以上撮影。杉林からの朝日の木漏れ日があたると開翅もしてくれた。

 以降毎年どこかで会えるも、必ず1匹のみ。なんとかたくさんのウラゴマダラシジミがいる場所を見つけなければ。

ウラゴマダラシジミ 羽化直 左端に蛹抜け殻
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
 

1月12日

青春18きっぷ
 11,850円で5回(人) 快速、新快速など含む普通列車に限り乗車できる。冬休み用、春休み用、夏休み用があり、青春とはほど遠い人達に人気があるようだ。一回分に換算すれば2,370円。片道1,185円超のところへ日帰りで行けば得する勘定だ。さらに私の場合、チケットショップで定価よりちょっと安く買ったので、もうちょい安いか。

 昨年は長野遠征に5回すべて使った。京都から霧ヶ峰高原なら、日帰りも可能であるが、現地滞在1時間半程度になってしまうので、安いビジネスホテルに泊まった。よって1遠征の旅費は、一泊二日 4,740円(18きっぷ2回分)+宿泊費+食費=1万円ちょい。

 日帰り 霧ヶ峰で、行き帰り特急なら2万円ちょいか。ただし日帰りでも6時間ぐらいは滞在できる。

 時間をとるか、お金をとるか・・・・。  それにしても東京のほうが長野にだいぶ近いし、新幹線使ば佐久平まで1時間ちょい。うらやましい限り。

昨年長野遠征で使用の青春18きっぷ
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
 

1月9日
シーズンインするまで、チョウ撮影にまつわること、書きたいと思います。

ウラクロシジミ
 マンサクと言えば、ウラクロシジミの食樹。ウラクロシジミ撮りたくて、どこへ行けば会えるか、ずっと探していた種のひとつ。シーズン中に探すには、食樹のマンサクを見つければ、そこにいるに違いないと探すも、特徴ある形の葉の木をを見つけても違う木だったり、そもそもまわりに木々がたくさんあって見つけにくいし、遠くからだと葉の形もわからない。

 そこで、晩秋〜冬、早春なら、落葉してる木が多く、木々も隙間ができてみつけやすいだろう。しかしながらマンサクは落葉樹、葉がないとどれがマンサクか到底わからない。だが、ラッキーなことにマンサクは春先特徴ある花が咲く。

 ということで、2017年3月20日、ある資料から目をつけていた地域でマンサクの花を見つけ、その年の6月めでたくウラクロシジミの撮影に成功した。

 同じウラのつく、ウラキンシジミの食樹であるアオダモの花も、まれに個体が見られる場所周辺でさがしたが見つからなかった。あとで知った、残念ながら、アオダモは毎年花が咲くわけでなく、5〜7年おきという。これじゃ無理だ。

マンサクの花
 
ウラクロシジミ♂
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
滋賀県にて

1月2日
地元の蝶の正月風景
 そこそこ日差しも出るが、普通に寒い一日、自転車でムラサキツバメの様子を見てきた。シュロの葉で越冬していたムラサキツバメは1匹減って2匹になっていた。棒でシュロの葉を2、3mまで引き寄せ撮影。
 先回、先々回、ムラサキシジミがいっぱい飛んだり開翅したりしていたのだが越冬体制の個体は見つけられずにいた。今日、かなりの枯葉のつく折れた枝をゆすったら4、5匹ムラサキシジミが飛び出しかなり遠くまで飛んで消えた。ずっと待っていると、1匹ずつかなりの時間をおいてパラパラと近くまで戻り、枯葉のまわりを飛んだり、とまったりするも、結局は近くにとまり日差しに開翅の繰り返し。枯葉で越冬体制に戻るまで1時間以上かかった。ずっと見ていたので、越冬してる葉もすぐ見つけられ、2匹ずついる葉が2枚確認できた。

ムラサキツバメ越冬2匹
 
ムラサキシジミ♂
 
ムラサキシジミ ♀
 
ムラサキシジミ越冬個体
 
コメント →エキサイトブログ(探索·撮影記 簡易版)
 
長岡京市にて

他の年、月の探索·撮影記へ     TOPへ