資料6
佐渡金銀山記并伊勢員弁郡鉱山記
 三重県の治田銀銅山稼行の参考として筆写したものと考えられている。住友修史室に所蔵される治田関係の謄本の中の「佐渡相川金銀山記」には、天明七丁未孟春 御屋鋪有之本拝借写之 岡田新兵衛とあり、これの明治期の写しと思われる。
 『日本鉱業史料集 第一期近世篇(4)』 日本鉱業史料集刊行委員会編 (1981) p.5-12

凡例
 ・合字はかなに展開し、フォントの無い旧字体は新字体とした
 ・句読点をつけた

    筋金吹方の事
板取ノ者揉揚タル水筋ヲ其侭置トキハヤケルト云フコトアリ、是レハ色赤ク成ヲモ減多キ故器物ニ入レ水ニヒタシ置ハ幾日置テモヤケヌナリ。凡ラ水ニヒタシ置故水筋ト云フ。々溜置吹節ハ器物ヨリ取揚紙ニ包、水ヲ能ク絞リ寄床屋ニ持行ヲ役人受取、紙包ノ内ヲ見届秤目相改帳面ニ記シ其買石ニ相渡ス事ナリ。水筋二拾匁ヨリ以上、ヲロシ床ニテ吹コト也。是レハ炭ヲ細カニ打砕キ、フルイニテ通シタル炭灰ト言ヲ買石共銘々ニ持参シ、ネバ土水ニテ解シ、炭灰ヲ堅メ炉ヲ造リ、其ノ上ニ炭灰ヲ置。先ヘ鉛ヲ入、鞴ヲ指シ、能ク融シ湯ニナル時、水筋ヲ炭火ノ上ニ紙包共ニ置、其ノ上ニ又火ヲ置鞴ヲ随分静々指ス。是ヲ筋ヲ蒸スト云フ。々下ヘ落込鉛ノ湯ト一ツニ成タル時鞴ヲ強ク指シ、能ク融シタル節火ヲ除キ、藁箒ニ水ヲ懸ケ、柄實ヲ取リノケ筋ト鉛湯ニナリ、下ニ有ヲ水ヲカケ取揚、灰吹床ニテ吹也。是レハ鍋ヲ置、其ノ内ヘ常ノ灰ヲヨクフルイ返シ爐ヲ作リ其内ヘ入、上ニ火ヲ置キ鞴ヲ指シ、能ク湧タル節火ヲ除キ、渡ト云フテ銕ニテ火箸ノ如ク拵タル物ニ横ニワタシ大ナル炭火ヲ渡シニカケ、廻リニモ火ヲ置鞴ヲ静カニ指ハ、チハ灰ニシミ込、筋金ハ爐ノ上ニ残リ、鉛氣少シモナクナリ成ト、カフリト云フテ白キ綿ヲ打カケタル如ク筋ノ上ヘカゝル湯色見ヘズ、カタマリタル節火ヲ除キ、ハイキト云フテ黄青キ煙筋立タル時大概位ヲ見ル習ヒアリ。其後筋ノ表ニキント云フ物懸ル時、火バシニテ取揚ルヲ、器物ニ塩ヲ入置其内ヘ筋ノ表裏ヘスクヒカケ上ニ火ヲ置キ蒸ト黄色ニナル是ヲ筋ノ色ヲ付ルト云フナリ。二拾匁ヨリ以下ノ水筋ハ水寄ト云々直ニ灰吹床ニテ吹ナリ。

    山吹銀吹方事
右板取ノ者取揚タル汰物寄床屋ヘ持参シ役人ヘ断ル時、貫匁廻シ帳面ヘシルシ置コトニリ。七厘ト云フヲ土ニテ拵タル釜ニ炭薪ヲ入、其ノ中ヘ汰物ヲ丸メ入テ蒸焼ニスルヲ焼汰物ト云フ也。能ク焼タル節取揚カキマハセバ二割程減ズルニ付、無用ノ金銀減少スベキノ故ヲ以往古ヨリ停止ノコトナリト云ヘリ。然レドモ近年ハ大黒物杯ト云フ。鏈ハ汰物多ク、炭鉛等凡ラ吹拂、過分ニ懸ル故ニ皆々焼物ニスルナリ。今考ヘ見ルニ汰物ニテ二割減スルトイヘドモ吹立ノ銀ハ減スベカラズ。汰物ヲ漫シ置ニ付焼タル時ハカワキテ貫匁分減ズル筈ナリ能ク焼ル故ニ汰物ノ性軽クナル故カ、常ノ汰物ヨリハ格別卸安キニ付、鉛炭等多くク不入コトナリ。筋鏈ノ内ヨリ出タル汰物ハ、カブリモ詰リ、汰物少キ故直ニ生汰物ニテ吹クナリ。卸コトハ焼汰物同前ナリ。右兩様共汰物壹貫目ニ付キ鉛五百目鉄五拾匁程吹交ルナリ。鐵ヲ入ルコトハ銀ト鉛ト湯ニナル。銕ハ別ニカタマリ湯ノ内ヲ廻リ銀ヲ底へ沈メ柄實ニ銀ノ残ラヌ様ニ働ナリ。其ノ上柄實ノ内ニアカユト云ヲ片(ハ)クニ銕ヲ入サレハ片カス物也。右ノ汰物爐ノ内ヘ能ク卸シタル湯色ヲ吹大工ノ者目利ヲシ火ヲ除藁箒ニテ水ヲカケ々片タルヲ柄實ト云フ。又柄實ノ内上壹枚ハ黒ト云其ノ次ハアイト云フ。又其ノ次ハアカユト云フナリ。右アイトアカユトノ間ニ岡柄實ト云フテ一枚有之不残片タルヲ一番カラミト云フ。其ノ下ニ鉛ノ湯ニ銀交リアルニ付又炭ヲ置キ右ノ柄實ヲ細カニ打碎キ火ノ上ニ置キ吹解シタルヲ掛返シト云フナリ。右ノ如ク四五度モ懸返シ吹テ片タルハ吹捨柄實トイフナリ。此柄實ヲ除キタル跡ニ残ル所ノ鉛ノ湯ニ水ヲ懸ル節床蓋トテ藁ニテ指渡シ六七寸程ニ丸ク組ミタルモノヲ鉛ノ湯ノ上ニ置キ其ノ上ヨリ水ヲ懸ケヒヤスナリ。直ニ水ヲウチルト飛ブコト度々ナルニ付近年ハ銘々所持スルナリ。右ノ鉛湯能ク冷シタルヲ取揚クルヲヲリ地ト云フ。即役人ヘ断リ掛廻シ帳面ニ記シ灰吹床ニテ筋金ヲ吹ク如ク吹湧シ鉛ハ灰ニ引セ、カブリタル時鞴ヲク指、銀ノスワリタル節火ヲ除キ、水ヲ少シ掛ケ取揚ケ、裏ニ付タル灰ヲ落シ、冷シ桶ト云フニ入レ、能ク冷シ役人ニ渡シ極印ヲ打チ秤目ヲ改メ、切手ヲ添ヘ印銀所ヘ遣シ、銀見ノ者共銀ノ位ヲ目利シ相違ナケレバ預リ置、代印銀相渡ス。是ヲ質銀トイフ也。右山吹銀ヲ吹節、灰ニシミ込ミタル鉛ハ爐滓ト云テ百匁ニ付三拾匁ハ灰、七十匁ハ正ノ鉛ニナル。是ヲ爐カス三割引ト云テ幾度モ廻シ遣スナリ。吹捨柄實ノ義ハ寄床屋ニ留置、間々銅床屋ヘ買取、荷吹ト云フ銅鏈ノ焼荷ニ交ヘ吹コトナリ。右ノ柄實ハ一貫ニ付キ山吹銀一匁一分宛吹出ルナリ。請負ニテ銅床屋ノ者トモ吹云リ前年銀山大ニ盛ナル節、柄實床ト云テ大床屋町ニ別テ諸買石方ヨリノ柄實、斗買求メ吹絞リテ山吹銀吹出シタルト雖モ、近年相止タリ。


    兩分床ニテ金銀吹分ル事
買石共寄床屋ニテ吹立ラル山吹銀、印銀所ヘ入置吹分ル程濁リタル時、其断ヲシ掛リテ役人聞届受取、通ヒヲ床屋ニ為持遣シ、印銀所ヨリ請取、其銀主ノ買石并ニ吹大工ノ者ニ為見届、數ヲ改メ、大吹床ト言テ炭灰ニテ爐ヲ作リ前日ヨリ焼拵置、其ノ内ヘ吹入サセ湯ニナリタル節、指鉛トテ長■シ置タル鉛ヲ少シ宛加ヘルナリ。其ノ鉛ノ差加減ハ其銀ノ湯色ニテ考指ニ依テ何歩ト定ラズ、少シ増減有之ナリ。右能ク融タル節、火ヲ除、硫黄懸ケ細キ■木ニテカキ廻シ、湯色赤クナリタル時銀ノスハリタル程ヲ見届、藁箒ニ水ヲシメシ少シツヽ懸レバ一枚ツヽ薄ク片タルヲ皮ト云ナリ。又其ノ跡ニ水ヲ懸ケ何枚モ片ケテ銀ノ冷タル時、又火ヲカケ吹テ能ク湧タル時火ヲ除、以前ノ如ク硫黄ヲカケ片ケテ爐ノ底ニ残リタルハ筋金ナルカ故ニ、大概筋ノ位ヲ目利シ水ヲカケ冷シ取揚ル。是ヲ一番皮筋ト云フ。則役人受取置、右ノ片タル皮ヲ集メ爐ノ内ヘ入吹キ湧シ、硫黄ヲカケ片キ取、前方ノ如ク底ニ残リタルヲ二番皮ト云フ。右一番皮筋ト一所ニ吹入、皮ヲ片キイヨ々筋ノ位ヲ考取揚ル。是ヲ詰筋ト言、役人受取秤目ヲ改、灰吹大工ニ渡シ、役人并ニ其買石立会、寄床屋ニテ筋金ヲ吹如クシテ取揚、塩ニテ色ヲ付役人方ヘ受取、秤目ヲ改メ帳面ニ記シ床主ニ渡シ、大概ノ兩付ヲ致サセ、目利切手ヲ添、筋金所ヘ遣スコトナリ。御買上ノ譯ハ面筋金ト同前ナリ。右一番二番ノ皮筋ヲ吹詰ル節、片取タル皮ヲ集メ、吹丸メ、是レヲ亦灰吹床ニテ鉛ヲ引カセ、吹揚ルヲ金皮ト云フナリ。是ハ銀ノ内ニ筋金残ルニ付、灰吹銀納ノ節、右金皮モ印銀所ヘ質銀ニ入置、重テ吹分ルコト山吹銀ト一ツニ吹入ルニ付、常住付廻シニナル也。右硫黄ヲ交片コトハ銀に筋金交リ有内ハ水ヲカクルト云トモ皮ヲ片事難成。硫黄ヲ懸ケ能ク廻セバ筋ハ底ニ沈ミ、銀斗リ上ニ残ルニ付、一枚ツヽ薄く片ルナリ。

    皮銀薬抜并灰吹銀吹様之事
前方硫黄ヲ懸片タル皮ヲ集メ、爐ノ内ヘ入テ能ク融タル節、銀ノ面ニ當ラザル様ニ大ナル炭ヲワタシニ掛ケ廻リニ大ナル炭ヲ置キ、鞴成程静カニ指ハ皮銀ノ内ニ有所ノ硫黄并銅其外何ニテモ銀ニ交リ有悪性ノ物ハ煙ニナリモヘ上リ物ナリ。是レヲ薬抜ト云フテ殊ノ外手間取事ナリ。右能ク見定メ火ヲ除キ紙ニ水ヲシメシ湯ノ上ヘ打カケ藁箒ニテ水ヲカケ大概冷タル時分取揚、小キ銕鎚ニテ細カニ打折ナリ。是レヲ湯折ト云フ。則箱ノフタニナラベ大工方ヨリ役人ヘ渡スヲ少数等迄改受取壱数三百五拾匁程宛ノ積リニ掛分ケ灰吹大工ニ渡スコトナリ。又灰吹銀吹方ノコトハ灰ヲ以テ炉ヲ作リ、右湯折銀炉ノ上ニ置吹湧渡シト云フテ大ナル炭ヲ以テ銀ノ湯ニ当ラヌ様ニ羽口ヨリ灰ノ上ヘ渡シニカケ、廻リヘモ火ヲ置鞴ニテ吹ケハ銀ハ灰ニ行セ、カフリタル時火ヲ除、差鉛トテ銀ノ湯ノ面ヘ少シ■鉛ヲサシ、又山トテ銅ヲモ少シ指ナリ。是ハ銀ノ位ハ佐州山出灰吹銀ノ位ニテ往古ヨリ上納シ来ルコトナリ。江戸ニテ花降ト云フ銀ハ佐州ノ灰吹銀ニ位五歩程モヨク見コトナリ。則役人受取掛改極印ヲ打、切手ヲ添印銀所ヘ遣スヲ質銀代ノ差引勘定スルコトナリ。

    ナテノミハキ吹方ノ事
省略

    灰吹銀後藤掛ノ事
省略




ホーム     番外編へ